• 医師になる方法とは

  • 大学の医学部を出ると、晴れて医者になれます。しかし、医者への道のりの実態は、あまり周知されていません。その理由は、医者という職業が神聖視されていて、一般的に医者の実態が余り認知されていないからです。

    医学部に入るためには、高校を卒業する必要があります。大学の医学部は東大合格並みに難しいとされ、私大の場合数千万円以上の学費が必要になります。

    医学部在学中には解剖実習が必須ですし、卒業後は2年間の臨床研修が義務付けられています。生半可な気持ちでは医者に離れませんし、勉学だって大変です。とっても忙しい学部生活を過ごしますので、あらかじめ覚悟を決めましょう。

    大学の医学部に合格することで、人生を変えた人たちがいます。彼らは初めは大学に行くことよりも、医者になって患者さんのために働くことを考えていました。もちろんそうでない人もいます。しかし、彼らは医者になることで、特別な身分を手にしたのです。

    医者はとても高貴な身分です。天皇陛下にお仕えする侍医も、医師国家資格を持っています。医者に貴賤はありません。仮にどんな藪医者であっても、免許を持っている限り、医療行為を行うことができます。

    もしあなたが軽はずみな気持ちで医者を目指すなら、今すぐ考え直してください。人の命を預かる責任を理解できた方だけが、医者を名乗ることができます。

    医学部を出ても、すぐに就職に成功するわけではありません。あらかじめ働きたい都道府県を決めましょう。そして経験を積み、一人前の医者になります。

    □特集
    このような薬剤師専門の求人サイトもあります >>> 薬剤師 求人